38bce387bc4f15a73d25998451512430_s

お歳暮やお中元を送った相手からお返しをいただく場合、お断りするにはどうしたら良いでしょうか。

お返しは結構ですよと相手の方に上手に伝える方法、断り方について確認しましょう。

 

スポンサードリンク

 

お歳暮のお返しをお断りしたい

お歳暮を贈った相手から、来るとは思っていなかったお返しが届いたら…。そんなつもりではなかったのに、かえって気を遣わせてしまったようで申し訳ないですよね^^;

こちらからお中元やお歳暮を送っても、感謝の気持ちですのでお返しは結構ですよと、相手の方にお返しを上手にお断りするには、どうしたら良いのでしょうか。

 

お歳暮のお返しを断る方法は?

お歳暮のお返しを断る方法としては、次のような断り方があります。

 

  • お返しのお礼状で伝える

届いたお返しに対してお礼状を送り、感謝の気持ちとともに、今後はお返しは必要ないことを伝えてみましょう。

参考までに、文例をご紹介しますね。

お礼状の文例

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

先日は、日頃お世話になっております感謝の気持ちとして、僅かばかりのお歳暮をお贈りしましたのに、ご丁重なお品をいただきまして、大変恐縮しております。お心遣い、誠にありがとうございました。いつも何かとお気をかけていただきまして、厚く御礼申し上げます。 ご好意は大変ありがたく存じますが、感謝の気持ちですので、今後はお気遣いなさいませんよう、お願い申し上げます。

季節柄、どうぞご自愛下さいませ。

 

  • 無地のし、のしなしで贈る

お中元やお歳暮という「のし」があることによって、相手の方にお返しをしなくてはという意識が生まれてしまうため、あえて「お中元」「お歳暮」ではない贈り物として送るという方法もあります。

お中元やお歳暮という形にこだわらなくても、今後は普通にお礼として、熨斗無しで贈るようにしてみてはいかがでしょう。

それでもお返しを下さる場合は、もしかするとお返しをしなければ気が済まない方である可能性もありますので、ありがたく受け取りましょう。


スポンサードリンク

お歳暮のお返しに関するマナー

お歳暮やお中元には、マナーとしてお返しをする必要があると考えている方も少なくありません。

ですが、基本的にはお中元やお歳暮にお返しは不要です。

お世話になっている方への感謝の気持ちをこめて贈るのがお中元・お歳暮ですので、お返しは本来必要ないのです。

では貰いっぱなしで良いのかというと、そうではなく、お礼の言葉を伝えるのがマナーです。方法としては電話やメール、はがき、手紙など色々ありますが、マナーとしては、はがきか手紙で送るのが基本です。

それでもやはり、人によってはお返しをしなくては気が済まない、お返しをしないのは非常識だと思われている場合もあります。その場合はやはりお返しをしてくださいますね。

 

まとめ

お歳暮やお中元のお返しは本来必要ないものですが、それでもお返しをいただいて、申し訳ない、断りたい場合には、

  • お返しのお礼状で伝える
  • 今後は無地のし、のしなしで贈る

このような方法があります。

こうした風習は、基本のマナーがこうだからといってその通りにいくとも限らず、何かと難しいことが多いですね。相手も自分もお互い気分よくやりとりができると良いですね。

 

スポンサードリンク