af0b40eaf6431ec0904339cd9a122bc9_s

最近では、日本でもクリスマスカードを送る人が年々増えてきているといいます。

ですが相手が喪中だと、年賀状の代わりにクリスマスカードを送ってもOKなのかどうか、悩んでしまいますよね。

スポンサードリンク

 

クリスマスカードを喪中の人に送るのはOK?

クリスマスカードを喪中の人に送ることについてですが、送ってはいけないという決まりは特に無く、基本的には送っても差し支えないものです。

しかし、だからといって絶対にOKかというとそうでもなく、人によって意見が異なり、賛否両論というのが実際のところです。

「喪中の人にも送って大丈夫」という賛成意見と「送るべきではない」という反対意見で多い意見をそれぞれ見ていきましょう。

 

喪中のクリスマスカードに賛成する意見

  • 喪中で寂しい年末年始だから嬉しい

喪中で年賀欠礼はがき(喪中はがき)を出すと、年賀状が来ないから寂しいと感じる人は意外といます。

喪中マナー実態調査によると、喪中を知らされた相手には何も出していないという人が62.2%。逆に自分が喪中の時、年賀状が来なくて「さみしかった」人も63%に上る。

引用元:http://ovo.kyodo.co.jp/news/life/a-533215

喪中で年賀状が送られてこなくて寂しく思っている時に、心のこもったメッセージが添えられたクリスマスカードが届くと、「嬉しい」「励まされた」と感じる人は多いのです。

 

  • クリスマスと喪中は別

クリスマスと喪中は全く関係ないことであって、キリスト教の行事であるクリスマスと、仏教徒の服喪は別のことだという考えです。

そういった方は喪中だからといって気にしませんし、送る方も悩むことなくクリスマスカードを出せますね。

 

喪中のクリスマスカードに反対する意見

  • 気分的にイベントどころではない

深い悲しみを感じているときに、クリスマスなどのイベント事は心から楽しめないというのは自然なことです。

綺麗なクリスマスカードをもらっても、今年はクリスマス気分ではないし…と複雑に思う人もいます。故人を偲んでクリスマス行事を控えている場合は、やはりカードを受け取っても心から喜べないものです。

また、派手なクリスマスカードで、はしゃいだ内容のメッセージが書いてあると、不愉快な気分になるという意見も。

 

  • 風習を重んじる

喪中の相手には寒中見舞いを送るものであって、クリスマスカードなどは失礼だという意見です。

風習を重んじる人にとっては非常識で理解できないと感じる人もいるのです。


スポンサードリンク

喪中で年賀状の代わりにクリスマスカードは結局のところ…

このように賛成意見と反対意見を見ていくと、喪中の相手にクリスマスカードを出していいのかどうかは、受け取る側の考え方や気持ちに大きく左右されることが分かりますね…。

親しい友人や、柔軟な考えを持った人にはクリスマスカードを送り、目上の方や仕事関係者などには、常識的な寒中見舞いを送るのが無難でしょう。

どう思われるか不安で悩んでしまうようなら、寒中お見舞いにする方が良いですね。相手の方に合わせて、クリスマスカードを送るかどうか判断してみてください。

そしてクリスマスカードを送るとなった場合も、気をつけるべきポイントがいくつかありますのでご紹介しますね。

 

クリスマスカード 喪中の人へのメッセージの書き方

喪中の人にクリスマスカードを送るときの注意点としては、あくまで相手の気持ちに寄り添うことです。

派手で華やかなカードよりも、なるべく地味な色や落ち着いたデザインのカードにすると良いですよ。

メッセージには「おめでとう」というお祝いの言葉や「メリークリスマス」といった言葉は避け、はしゃいだ文章を書かないようにしましょう。

さらに配慮するならば、去る、死ぬ、などの「死」や「別れ」に関する言葉や、

再び、次々、重ね重ね…といった、繰り返すことを連想するようなワードも避けたほうが良いでしょう。

メッセージの文例
昨年は深い悲しみがありましたが、その後いかがお過ごしでしょうか。
ご案じ申し上げております。
ご家族の皆様はお力を落としのことと存じますが、お心を強くお持ちになって、
おだやかな新春を迎えられますことを、お祈り申し上げます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

喪中の人にも、基本的にクリスマスカードを送ることは問題ありませんが、相手の気持ちに寄り添って送るかどうか検討することが大切です。

相手の方がもらって嬉しくなる、心温まるクリスマスカードを送りたいですね。

スポンサードリンク