3ae5872171a00f0856bb72e51cd92d51_s

結婚式に出席した人の中には、高額なご祝儀をくださる場合もあります。

いただいた金額が多いと、当日に引き出物を渡していても、それだけでは申し訳ない気がしますよね。

この場合、お返しやお礼はどうすれば良いのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

結婚式のご祝儀が高額の場合お返しは?

親族からの場合

結婚式で高額なご祝儀をいただいた場合、それが親戚からであれば、基本的にお返しはしなくても良いでしょう。

親族の結婚をお祝いする気持ちで渡してくださったのですし、ありがたく受け取っておきましょう。

特に目上の方(祖父母やおじ、おば)からいただいた場合、過分だからといってお返しなどしては、「お祝いはいりません」と突き返されているようなもので、逆に失礼になってしまいます。

喜んでいただいておくのが一番ですね。

 

とはいえ、こうした習慣はその家ごとに異なる場合もあり、お返しについても半額程度のお返し(半返し)をするなど、家ごとの決まりがあるかもしれません。

また、例えばあなたが叔父さんから高額なご祝儀をもらったとして、後に従兄弟が結婚するとなったら、その結婚式では同じ額のご祝儀をあなたのご両親が包むことになります。

そういったこともあるので、あまりに金額が高い場合はご両親に相談してみてください。


スポンサードリンク

親族以外(友人や仕事関係者など)の場合

この場合も、基本的にはお返しというのは必要ないでしょう。披露宴でのおもてなしと引き出物のみで、それ以上のお返しをすることはありません。

相手の方はお返しを期待しているのでもないでしょうし、お返しをしたら、かえって気を遣う可能性もあります。

もし友人でまだ独身なのであれば、その人が結婚する際にはご祝儀に同額を包んであげるのが良いでしょう。

またお返しという形でなくとも、お車代として少し多めに渡すという方法もあります。

 

ご祝儀が多い時のお礼の方法

このように、いただいたご祝儀にお返しというのは基本的に必要ありませんが、高額で申し訳ない、何かしらお礼をしたいという気持ちもありますよね。

よく喜ばれるのは、新婚旅行先のお土産を奮発して贈ったり、新婚旅行以外でもどこか旅先で買った名産品を贈るなどですね。

お歳暮を送るのも良いでしょう。

そして、改めて出席してもらったお礼と、お祝いのお礼を伝えましょう。直接挨拶に行くか、手紙や電話で伝えるなどして、お礼の気持ちを伝えてくださいね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

結婚式のご祝儀を過分にいただくと恐縮ですが、相手の方もお祝いの気持ちとしてくださったので、有難く受け取りましょう。

ご祝儀に対してはお返しという形ではなく、新婚旅行などのお土産をお礼としてお渡しするのがオススメです。

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク