cc7caca6d0f37e0f0f70f2f3b26e336e_s

日焼けした後、焼けた肌からペリペリと皮がむける人と、黒くなっても皮がむけない人がいます。

この皮が剥ける・剥けないの違いは一体何なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

日焼けで皮がむける人とむけない人の違いは?

強い日差しを浴びて、同じように日焼けしたのに、皮が剥ける人もいれば、剥けない人もいますよね。

その差が出る理由は、肌の色の違いにあります。

まず、日焼けには、肌が赤くなる日焼け「サンバーン」と、肌が黒くなる日焼け「サンタン」の2種類のタイプがあります。

 

  • 肌が赤くなる「サンバーン」とは

サンバーンは「日光皮膚炎」とも言い、肌が赤くなってヒリヒリとした痛みを生じる日焼けです。

紫外線から肌を守るメラニン色素が少ない、肌の色が白い人が日焼けするとこの状態になります。

軽い火傷(やけど)をしたようなもので、皮膚が赤く火照ってヒリヒリ痛むほか、ひどくなると水ぶくれや吐き気・頭痛などを引き起こします。

 

  • 肌が黒くなる「サンタン」とは

サンタンは、メラニン色素が増えるために肌の色が黒くなる日焼けです。

サンバーンと違って痛むことはありませんが、メラニン色素の色素沈着によってシミ・そばかすの原因となります。

メラニン色素が多い、色黒の人はサンタンを起こしやすいです。


スポンサードリンク

このように、肌質の違いによって、サンバーンが起こりやすいか、サンタンが起こりやすいかが変わってくるのです。

日焼けの皮むけはなぜ起こる?

そして、日焼け後に皮がむけるのは、皮膚が赤くなって炎症を起こすサンバーンタイプです。

炎症がおさまってくると、角質層の水分が無くなって、ペリペリと皮がはがれてくるのです。

日本人の場合、肌の色の濃さによって、

  • サンバーンが起こりやすい色白タイプ
    …日焼けすると赤くなり、皮がむけやすく、あまり黒くならない
  • サンバーン・サンタン両方が適度に起こるタイプ
    …日焼けをすると少し赤くなり、少し黒くなる
  • サンタンが起こりやすい色黒タイプ
    …日焼けするとすぐ黒くなり、皮がむけることは少ない

の3つのタイプに分けられます。

メラニン色素が少ない色白の人ほど、紫外線のダメージが大きく、ひどく炎症を起こして皮むけしやすいのです。

このようなタイプの人は、皮がはがれてしまうほど ひどく日焼けをしないように、特に日焼け対策が必要ですね。

また、もし皮がむけた場合も、その後きれいに回復させるためのケアが大切になってきます。

関連記事 → 日焼けによる皮むけの期間はどのくらい?きれいに早く治す方法

 

まとめ

日焼けで皮がむける人とむけない人の違いは、肌のタイプの違いにありました。

もちろん、日焼けの程度が軽いかどうかの違いなどもあるでしょう。

いずれにしても、日焼けした肌は冷たいタオル等で冷やし、保湿を行って優しくケアしてあげてください。

 

スポンサードリンク