b73878c60683292776442a4db768d565_s

親族に不幸があり、お正月は喪中だという方もいらっしゃると思います。

そこで気になるのが、おせち料理やお雑煮などの正月料理を食べるのはOKなのかどうか、ということですよね。

喪中にはどこまで控えるべきで、どこまでは問題ないのか、気になる喪中のお正月の食事や過ごし方についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

喪中におせち料理やお雑煮はOK?

「おせち」というのは、暦上の節句のことを指す言葉です。
節会や節句に作られる料理のことをおせち料理と呼んでいたのが、現在では節句の一番目にあたる正月の料理を指すようになりました。

おせち料理は正月のお祝いの料理です。
おせちを重箱に詰めて重ねるのも、「めでたさを重ねる」という縁起をかつぐ意味があるのです。

つまり、お祝い事を差し控える期間には、おせち料理を食べるのは控えた方が良いということですね。

…では、喪中におせちはダメなのか?というと、そういうわけではないんです。

喪中と忌中の違い

まず、喪中の期間について確認しましょう。

近親者が亡くなってから一定の期間、喪に服することを「忌服」「服喪」などと言います。

●忌中(きちゅう)

故人が亡くなった日から忌明け(四十九日)までの期間を忌中といい、昔は外出せず身を慎む期間とされていました。
現在は外出を控えることはあまりないと思いますが、お祝いごとや晴れがましいことは控えるというのが一般的となっています。

●喪中(もちゅう)

喪中は亡くなった人を偲ぶ期間で、一般的に、故人が亡くなってから一年間の期間をいいます。
かつてはその名の通り、喪服を着て身を慎んでいました。

この、忌中か喪中かが問題なのだと思います。

忌中の間は、お祝いの料理であるおせち料理は避けます。
しかし喪中の場合は、控えた方が良いとされているものの、忌が明けているのであれば、おせちを食べても問題ないという意見もあります。

これは各家庭の考え方もあるでしょうし、地域の慣習もあるでしょう。

故人を偲んで、喪中におせちは作らないという人もいれば、
お正月にはおせちを食べるのが基本だからと作る人もいれば、
例年通りのおせちではなく、食材などに気を遣って作る人もいます。

 

気になるようでしたら、

  • 重箱を使わず、お皿に盛るようにする
  • かまぼこを紅白ではなく白のみにする
  • 海老や鯛など、めでたいものを意味する食べ物を避ける

といった工夫をしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、お正月の祝い箸は避けた方が良いでしょうね。

喪中のお雑煮は?

お雑煮は、一年の無事を祈りお正月に食べるもので、お餅は昔からお祝いごとや特別な日の食べ物でした。

御節料理と同様、お雑煮も正月の祝い膳ではありますが、
お祝い料理として祝う気持ちで食べるのではなく、いつもの食事としてお雑煮を食べる分には差し支えないでしょう。


スポンサードリンク

喪中の正月の食事で他に気をつけることは?

喪中にお屠蘇

お屠蘇(とそ)は、一年間の邪気を払って健康や長寿を願う、邪気払いの薬酒です。
山椒、肉桂、桔梗、防風など数種類の薬草を組み合わせた屠蘇散を、酒・みりんなどに浸して作ります。

こちらも新年を祝うものなので控えた方が良いでしょうが、日常の食事の一環としていただくのなら差し支えないと言われています。

喪中の正月に年越しそば

大晦日に食べる年越し蕎麦は、「そばのように細く長く長寿を願う」意味や、
「切れやすいそばのように一年の災厄を断ち切る」という願いが込められているものなので、喪中に食べても問題ないです。

 

喪中のお正月の過ごし方

ここまで、お正月の料理について見てきましたが、次は食事以外のお正月の過ごし方について見ていきましょう。

正月飾りは?

門松、しめ縄(注連縄)、鏡餅などの正月飾りを飾ることは、晴れがましいことなので、一般的には控えることとなっています。

特に、玄関飾りのように家の外に飾るようなものは、周囲の視線も気になりますよね。
非常識と思われたりしないように、飾り付けはやめたほうが良いでしょう。

しかし鏡餅に関しては、忌明け後なら飾っても良いという話もあります。

鏡餅は、歳神様を迎えるお供物です。
お正月の間、鏡餅には歳神様が宿るとされていて、そのお餅を食べることで神様から祝福や恩恵を受けられると考えられていました。

お正月は歳神様をお迎えする行事なので、歳神様へのお供え物である鏡餅は飾るとのことです。

ただし忌中の間は、鏡餅も飾るのは慎しみましょう。

初詣は?

喪中の初詣には、神社とお寺で考え方が異なります。

神社の場合は、死を穢れと考えるため、忌中は初詣を控えましょう。
忌が明ければ、神社への参拝も問題ありません。

しかし、神社によって昔からの習わしなどが異なると思いますので、念のため初詣に行く神社にお問い合わせ下さい。

お寺の場合、死を穢れとは捉えませんので、忌中でも関係なく参拝に行くことが可能です。

お年玉は?

お正月に子供たちが楽しみにしているのがお年玉ですよね。

本来は喪中にお年玉は控えるものなのですが、子供たちの気持ちを考えると、お祝いとしてのお年玉ではなく、
ポチ袋の表書きを「お小遣い」「文房具代」などとして渡すのが良いのではないでしょうか。

 

さいごに

いかがだったでしょうか?

基本的には、忌中は控えるべきで、忌があけたら問題ないという事が多かったですね。
お祝い事として捉えるかどうか、というのもポイントでした。

喪中の考え方については、地域の慣習や各家庭で考えの違いもあるでしょうし、
身内でどうしてもこうだと言う人がいるのであれば、その方の意見を聞いて合わせた方が、トラブルは避けられると思います。

 

スポンサードリンク