12d1a94b825e0830a8f79559f8ad1bb5_s

豆乳は、ダイエット効果や健康・美容に良いということで大変人気ですよね。

豆乳には調製豆乳と無調整豆乳がありますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?
それぞれの特徴や栄養成分について見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

豆乳の調整と無調整の違いは?

お店に行くと、いろいろな種類の豆乳が販売されていますよね。
紅茶やココア、コーヒー味、バナナ豆乳や抹茶豆乳などもあって、本当に多種多様です。

豆乳は、大豆固形分によって「無調整豆乳」「調製豆乳」「豆乳飲料」の3種類に分けられるんです。

tonyu01

  • 無調整豆乳

大豆固形分8%以上のものをいいます。
原料である大豆をそのまま絞って作られたシンプルな豆乳ですね。

  • 調製豆乳

大豆固形分6%以上のものをいいます。
砂糖や塩、植物油、香料などで味を調整し、飲みやすくしたものです。

  • 豆乳飲料

大豆固形分2%以上(果汁入り製品)、大豆固形分4%以上(その他の製品)
豆乳に果汁や紅茶・コーヒーなどの味を加えて飲みやすくしたものです。

 

つまり、無調整豆乳と調製豆乳は、含まれている大豆成分の量の違い、そして味の違いがあるんですね。

味の違い、飲みやすさ

無調整豆乳はシンプルに大豆とお水で作られているため、大豆本来の味を感じます。
無調整豆乳は「にがり」を入れると豆腐ができるくらいなので、まさに豆腐を飲んでいるような感じです。

この大豆独特の風味が苦手という人は多いですね。
ですので、好みにもよりますが無調整豆乳は飲みにくいという意見が多いのです。

一方、調製豆乳や豆乳飲料は、
大豆の風味が苦手な人にも飲みやすいように甘くしたり、味が調整されているので、飲みやすさという点では無調整に勝っていますね。


スポンサードリンク

豆乳の調整と無調整 栄養成分の違い

キッコーマンの商品で、無調整豆乳と調製豆乳の栄養成分表示をそれぞれ見ていきましょう。

左が無調整豆乳、右が調製豆乳です。

tonyu02_1

まずは、大豆の4大成分と言われる次の成分に注目してみましょう。

  • タンパク質

大豆の約40%がタンパク質で、しかも良質なタンパク質であるという特徴があります。

大豆のタンパク質には、健康に欠かせない「必須アミノ酸」がバランス良く含まれているため、栄養価が高く良質だと言われるのです。

  • 大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と同じような働きをします。

肌の健康を保ち、女性の体の不調をやわらげるなどの効果があると言われているほか、
基礎代謝を高め、若返りホルモンとして知られる「DHEA」を増やすと注目を集めています。

  • サポニン

大豆サポニンは脂肪の蓄積を防ぎ、日常的に摂ることで肥満体質の改善が期待できます。

老化のもとになる脂肪酸の酸化防止や、活性酸素の働きを抑える効果もあります。

  • レシチン

レシチンは、悪玉コレステロールを減少する働きや、中性脂肪を分解する働きがあり、肥満の予防・改善が期待できます。

また、記憶力向上や集中力向上など、脳の活性化にも役立ちます。

 

これら4つの成分は、どれも無調整豆乳のほうが上回っていますね。

tonyu02_2

さらに無調整豆乳には、調製豆乳には無い亜鉛が含まれています。

亜鉛は人間の生命維持に欠かせない必須ミネラルです。
ダイエットや老化防止に効果があるほか、美肌や美白効果も高めてくれます。

 

豆乳の調整と無調整はどっちがいいの?

結局、飲むならどちらが良いのか? というと、

  • 味が甘くて飲みやすいのは調製豆乳
  • 栄養成分を重視するなら無調整豆乳

純粋にそのまま飲むなら、調製豆乳のほうが美味しくて良いという人が多いでしょうし、
無調整の味にも抵抗がない人や、栄養成分重視の場合は無調整豆乳がいいでしょう。

継続的に飲むことが大事なので、続けやすいほうを選ぶのが良いかと思います。

健康・美容成分を効率的に摂るなら無調整

味は苦手だけど、やっぱり無調整豆乳で大豆の栄養を効率よく摂りたい…

そんな時には、飲みやすいようアレンジを加えたり、料理に取り入れるのがおすすめですよ^^

次の記事では、無調整豆乳を使った簡単ドリンクやスイーツ、料理のレシピをご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク