1257503c24978b8a6a6ce207dec43ed8_s

初詣の時など、神社やお寺にお参りして引いたおみくじ。

結果が良い場合も悪い場合も、引いた後のおみくじはどうしたらいいのか迷ってしまいますよね。

木に結ぶのか、結ばないで持ち帰るのか、
そもそも結ぶ意味は? 持ち帰った後の保管方法や処分の仕方は?

そんな、おみくじで占った後の疑問についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

おみくじを引いた後はどうする?

おみくじを引いて占った後は、結ぶべきか持ち帰るべきか…
これには色々な考え方や説があり、どちらが正解ということはありません。

おみくじを結ぶ意味って?

おみくじを境内の木の枝に結ぶという風習は、江戸時代にまでさかのぼります。

木々の生命力にあやかって、願い事がしっかり結ばれるよう願いを込めたという説や、
おみくじを結ぶことで、神様や仏様と縁を結び、ご加護をお願いするといった意味もあるそうです。

他にも、
「凶」や「大凶」などの悪い結果のおみくじを、利き手と反対の手で結ぶと、凶が吉になる という話もあります。
利き腕ではない手でくくるというのは難しいですよね。そんな困難な行為を成し遂げることで凶が吉に転じるそうですよ。

つまり、おみくじを結ぶ理由は…

  • 願い事がしっかり結ばれるように
  • 神様や仏様と縁を結ぶため
  • 凶が吉に変わるように願いを込める

ということですね。

おみくじを持って帰るなら

おみくじは、結ばないで持ち帰っても問題ありません。
良い結果だと持って帰るという人も多いですが、大吉でも大凶でも関係なく持っていても良いのです。

以前、おみくじは書かれている内容・メッセージが大切だとお話しました。

おみくじで凶が出た!結果はいつまで続く?やり直しはあり?

引いたおみくじを持ち帰ったら、ときどき内容を読み返して、日々の行動の指針にするのが良いでしょうね。

 

一度おみくじを持ち帰り、内容を充分に読んでから再び結びに来る人もいるそうですよ。

つまり、おみくじを結ぶか結ばないかは、引いた人の気持ちの問題でどちらでも良いのです。


スポンサードリンク

おみくじを結ぶ場合、持ち帰る場合

おみくじは木に結んではいけない?

おみくじを結ぶ場合ですが、最近では神社やお寺で専用の縄や結ぶ場所が用意されていることが多いです。

境内の木や枝におみくじをくくると、傷つけてしまったり発育に悪影響が出てしまうんです。
あまり自由にあちこち結んでは、景観を損ねることにもなりますし、その寺社の指示に従うようにしてくださいね。

その他、おみくじを結ぶ時の注意点については次の記事をどうぞ

おみくじを結ぶ時に破れた!これってまずい?ちぎれない結び方を確認

 

おみくじを持ち帰り その後は?

おみくじを持ち帰る場合は、その後の保管方法や、いつ、どうやって処分するのかが気になりますよね。

持ち帰った後の保管場所は、特に決まりはありません
教えを振り返るという意味では、普段よく使うものや、見直しやすい場所にしまっておくのが良いのではないでしょうか?
よく言われるのは財布や、名刺入れでも良いようです。

そして、心に区切りがついたら、または願い事が叶ったら、処分しましょう。

おみくじは「お守り」とは違うので、普通にゴミ箱に捨ててしまっても大丈夫です。
とはいえ、神社やお寺で引いたものですし、ただ捨てるのも気になりますよね^^;

その場合は、神社の「納札所」に納めたり、おみくじ結び所に結びましょう。
お守りとは違うので、他の神社のおみくじでも納める(結ぶ)ことができますが、お寺のおみくじはお寺に納めるのがしきたりです。

お守りや護符と一緒に持って行ってお焚き上げをお願いするのも一つの方法です。

 

さいごに

いかがだったでしょうか?

おみくじは、結ぶのも持ち帰るのも、色々な考え方があってどちらでも大丈夫ということでした。

一度持って帰ってから改めて結びに行くもよし。
おみくじの内容を引いたその場でメモしてから結ぶという人もいます。

引いた人の気持ち次第ということで、納得のいく方法でしてみてくださいね^^

スポンサードリンク