f7ee77e9f9a00bc7e036ed2e0c43d7d0_s

お風呂場のカビは悩みどころの一つですよね。

掃除しても、すぐまた生えてきてしまうしつこいカビは、
掃除の仕方を見直したり、普段ちょっとしたひと手間を加えることで
防ぐことができます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

お風呂のカビを防ぐには

お風呂場のカビを防ぐには、
・カビをしっかり除去すること
・カビが好まない環境を作ること
これが大切です。

カビは目に見えるものばかりではありません。
目に見えなくてもカビが生えている場合があるので
しっかり対処する必要があります。

また、カビが育つためには栄養分が必要です。
お風呂場では、体を洗うときに出る皮脂や垢
カビの栄養になっているため、
こまめな掃除がカビの増殖を防ぎます。

 

お風呂の天井のカビを掃除

カビといえば、壁の目地や床などが思い浮かぶと思いますが、
意外と盲点なのが天井のカビです。

天井のカビは、壁や床と比べて量が少なく、
薄く広く生えているため、肉眼では見えにくくなっていますが
しっかり菌糸を伸ばして胞子を作っています。

そして天井のカビが胞子を飛ばし、浴室中に広げるため、
壁や床のカビが、掃除してもすぐまた生えてきてしまうのです。

カビの増殖を防ぐには、天井の掃除が大事です。

天井のカビ取りのポイント

天井のカビを落とす時には、
カビ取り剤が目に入らないように注意しましょう。

スプレーを上に向けて吹きかけると、
飛び散った液が目に入る危険があります。

洗剤が飛び散らないように、
スポンジや布に少量とって塗り広げるようにしたり、
ジェルタイプのカビ取り剤を使用しましょう。

カビ取り掃除は面倒だという人は、「燻煙剤」を使う手があります。
水を入れて浴室の床に置くだけで、煙が浴室中に広がり、
お風呂全体のカビを殺してくれます。

発煙後は浴室を閉めきって立ち入らないようにし、
使用後は換気をしましょう。

スポンサードリンク

 

お風呂のカビ対策にひと手間

カビの栄養を残さない

カビの発生を防ぐには、カビの栄養となる汚れを
ためないようにするのも大切です。

入浴後には、壁や床などに飛び散った汚れをシャワーで流すようにし、
お風呂掃除もこまめに行うようにしましょう。

浴室はできるだけ乾燥させる

入浴後は最低3時間は換気すると良いでしょう。

しかし、水滴や汚れがたまっている所があると、
換気扇をまわしても湿度にほとんど変化がなく、
そこにカビや細菌が増えてしまいます。

なので、浴室内の水や汚れがたまる場所を拭いてから
換気扇をまわすのがベストです。

初めは、ちょっと面倒だと思うかもしれませんが、
このひと手間でかなり防カビ効果があります。

浴室にあまり物を置かない

見落としがちなのが、浴室内に置かれた小物です。

浴室内にはシャンプーなどのボトル類、石鹸箱、ボディスポンジなど
カビの住みかになりやすい小物が多いです。

つい浴室に置きっぱなしにしてしまう人も多いかと思いますが、
これを入浴後によく拭いて浴室の外に置くようにするだけで、
カビの繁殖を防ぎ、カビ退治が楽になります。

できるだけお風呂場に物を置かないようにしましょう。

 

まとめ

お風呂場は一年を通してカビが住みやすい環境です。

定期的に掃除し、普段からカビ対策を意識することで
カビの発生を防ぎましょう。

 

スポンサードリンク